低温と雨で裂果被害 南部町のサクランボ不作 豊作予想一転

南部町営地方卸売り市場に並ぶ本年産のサクランボ。気温変動の影響などで収量が減り、サクランボ狩りの期間短縮も余儀なくされた=6月27日
南部町営地方卸売り市場に並ぶ本年産のサクランボ。気温変動の影響などで収量が減り、サクランボ狩りの期間短縮も余儀なくされた=6月27日
南部町で栽培が盛んなサクランボの不作が続いている。昨年、一昨年は春先の霜害で着果不良が発生。今季は6月上旬の低温と雨で裂果被害に見舞われ、収量が大幅に落ち込んだ。国内最大の産地・山形県でも気温の変動による影響が出ており、生産者は「近年は気候.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録