「政調飛ばし」高市氏不満 自民の政策決定揺らぐ

 自民党の政策決定を巡る対立
 自民党の政策決定を巡る対立
自民党の政策決定過程が揺らいでいる。ガソリン税を減税する「トリガー条項」協議や、公的年金減額に対応する5千円給付案を茂木敏充幹事長が主導。政務調査会のプロセスが飛ばされ、高市早苗政調会長は不満を募らせた。参院選公約議論では巻き返しを狙う。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録