運営主体変更求める声も 東電不信増す地元/柏崎刈羽原発運転禁止1年

 柏崎刈羽原発のテロ対策不備 主な改善策
 柏崎刈羽原発のテロ対策不備 主な改善策
東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)のテロ対策不備を巡り、原子力規制委員会が事実上の運転禁止命令を出して14日で1年。東電は信頼回復と再発防止に向け、本社機能の一部を地元の柏崎市に移すなどの改善策を打ち出したが、この間にも安全対策工事の不備が次々.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録