佐渡金山推薦に憂慮伝達 韓国外相、ユネスコに

【ソウル共同】韓国外務省は23日、鄭義溶外相がパリで22日に国連教育科学文化機関(ユネスコ)のアズレ事務局長と会談したと発表した。鄭氏は日本政府の「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産推薦について、朝鮮半島出身者の強制労働の現場だとして強い.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録