自殺問題消防またパワハラ コロナ感染部下に差別発言

 職員の懲戒処分について説明する山口県の宇部・山陽小野田消防組合管理者の篠崎圭二宇部市長=22日午前、山口県宇部市
 職員の懲戒処分について説明する山口県の宇部・山陽小野田消防組合管理者の篠崎圭二宇部市長=22日午前、山口県宇部市
山口県の宇部・山陽小野田消防組合は22日、新型コロナウイルスに感染した部下に差別的な発言をするパワハラがあったとして、50代の男性職員を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分は7日付。組合では2019年、松永拓也さん=当時(27)=が遺書で職.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録