光星 好調打線「攻め抜き」V

決勝史上最多の24得点を挙げ圧勝した八学光星は、大差がついた中盤以降も攻撃の手を一切緩めなかった。「受け身に立つと悪い結果にしかならない。センバツの横浜戦のように攻め抜く戦いを貫けた」。県大会全体を振り返り、千葉諒主将はチームの成長に手応え.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録