宿泊業界に回復の兆し ビジネス客中心、観光はまだまだ

北奥羽地方ではビジネス客を中心に宿泊施設の稼働が回復し始めた。一方、観光地ではいまだ厳しい状況が続いている(写真はコラージュ。上はビジネス客や観光客の利用が増加してきたJR八戸駅の様子。下は下風呂観光ホテル三浦屋の客室)
北奥羽地方ではビジネス客を中心に宿泊施設の稼働が回復し始めた。一方、観光地ではいまだ厳しい状況が続いている(写真はコラージュ。上はビジネス客や観光客の利用が増加してきたJR八戸駅の様子。下は下風呂観光ホテル三浦屋の客室)
新型コロナウイルスの影響で厳しい状況を強いられている北奥羽地方の宿泊施設に回復の兆しが見え始めている。「第5波」の収束や緊急事態宣言の解除、青森県民の県内旅行を対象とした宿泊割引「おでかけキャンペーン」の効果で、10月以降はビジネス客や個人.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録