【貨物船座礁】ホッキから重油成分検出なし 三沢市漁協が検査結果

八戸港沖で座礁した貨物船から重油が流出した問題で、三沢市漁協は24日、三沢沖で採取したホッキガイを検査した結果、重油の成分が検出されなかったことを明らかにした。結果を受け、今季のホッキガイ漁は予定通り、解禁日の12月1日に始める。 市漁協は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録