食べるのが楽しみ 八戸・是川小児童が干し柿作り

地元の高齢者(右)から皮のむき方を教わる是川小児童
地元の高齢者(右)から皮のむき方を教わる是川小児童
八戸市立是川小(佐々木宏恵校長)の2年生33人は18日、同校で干し柿作りに挑戦した。地元の是川老人クラブ(古戸良一会長)の会員13人が協力。児童は昔ながらの道具を使った皮むき作業を体験し、伝統ある食べ物に理解を深めた。 干し柿作りは、20年.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録