【ブレイズ―クレインズ】プレーオフ進出へ決定力課題に

ホームで迎えた前期最終戦。ブレイズのメンバーは最後まで闘志あふれるプレーを見せたが、白星には届かなかった。相手の果敢なプレッシャーに得意のパスワークを封じられ、決定力を欠いた。篠原亨太は「先制しながら、後手に回ってしまった。もっとサポートし.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録