写真眺める兄「会いたい」 バス置き去りで奪われた命

福岡県中間市の双葉保育園で7月、送迎バスに置き去りになり熱中症で死亡した男児(5)の遺族が、21日までに共同通信の取材に応じた。事件から約4カ月。祖父(68)や兄(12)は、ゲームやサッカーが好きで活発だった男児を思い出しては胸が締め付けら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録