天鐘(11月2日)

富国強兵、殖産興業―。鎖国を解いた日本は、幕末から明治にかけて近代化へと突き進む。欧米諸国の先進的な学問や技術を積極的に移入。その指南役として政府が招聘(しょうへい)、厚遇したのが「お雇い外国人」である▼ローウェンホルスト・ムルデルもその一.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録