Free高級ブドウ、房ずしり シャインマスカット収穫盛ん

収穫最盛期を迎えたシャインマスカット=11日、五戸町
収穫最盛期を迎えたシャインマスカット=11日、五戸町

青森県南地方で、皮ごと食べられるブドウの高級品種「シャインマスカット」の収穫が最盛期を迎えている。各園に、ほのかに甘い匂いが立ち込める中、生産者らは、エメラルドグリーンに色付いた重量感のある房を丁寧に摘み取っている。

 五戸町では、青果卸売会社・八戸中央青果と生産者団体「南部地方シャインマスカットの会」が栽培契約を結び、2011年から生産が本格化。生産者も年々増加し、現在は約50人が栽培に取り組み、昨年の収穫量は6トンを超えた。

 同会のメンバーでもある同町の鳥谷部雅治さん(69)方では、全国的に高まるシャインマスカット人気を受け、今年から栽培面積を10アールに拡大。春先からの高温で生育が前進傾向となったが、1房1キロ超の“大物”も多く実った。スーパーなどでは3千円近くで販売されている物もある。

 15年から栽培を手掛ける鳥谷部さんは「手間を掛けた分だけ、きれいに実る。今年はこれまでで一番出来が良いね」と笑みを浮かべた。

お気に入り登録