身近な生き物、いっぱい発見 十和田でビオトープ観察会

トンボの説明を聞く子どもたち
トンボの説明を聞く子どもたち
十和田市相坂の一本木沢ビオトープを活用し、生息する生物や自然環境について学ぶ観察会「親自然体験2021」がこのほど、現地で開かれた。子どもらがビオトープを散策して昆虫採集を楽しみ、ため池に生息する魚や貝を観察して地元の自然に関心を高めた。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録