手頃な版画、バブルで高騰 不正続発の陰に技術進展も

 押収された偽作版画=27日午後、警視庁築地署
 押収された偽作版画=27日午後、警視庁築地署
日本画の巨匠、平山郁夫さんらの偽作版画が流通した事件で27日、大阪府の元画商らが逮捕された。希少な肉筆画に比べ複製版画は元来、愛好家も購入できる手頃な価格が魅力だったが、バブル期を機に高騰し不正が相次ぐ。画商と共に逮捕された奈良県の版画工房.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録