【自民総裁選】サイクル論戦深まらず 4候補、それぞれが主張も

 エネルギー政策に関する各候補の主張
 エネルギー政策に関する各候補の主張
終盤を迎えた自民党総裁選は、核燃料サイクル政策に関する4候補の主張が明確に分かれている。河野太郎氏が中止を訴える一方で岸田文雄氏らは継続を掲げ、原発の位置付けなどと相まって活発な論戦に注目が集まる。ただし、立ち止まっても進んでも山積する難題.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録