先送りされてきた原子力政策、課題あらわに 河野氏のサイクル中止論

青森県と六ケ所村、日本原燃が1998年に締結した「覚書」。現在は原燃に代わり、使用済燃料再処理機構が引き継ぐ
青森県と六ケ所村、日本原燃が1998年に締結した「覚書」。現在は原燃に代わり、使用済燃料再処理機構が引き継ぐ
自民党総裁選に臨む河野太郎氏は、使用済み核燃料の直接処分に言及したが、実現には多くの困難が横たわる。その一つが、再処理事業からの撤退で六ケ所村に貯蔵されている核燃料を速やかに搬出する―とした青森県と村、日本原燃(現在は使用済燃料再処理機構が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録