家畜の命、写真で伝えたい 目線合わせ彼らの世界に

 北海道占冠村の「TOMAMU SHEEP FARM」で羊を撮影する瀧見明花里さん=1日
 北海道占冠村の「TOMAMU SHEEP FARM」で羊を撮影する瀧見明花里さん=1日
穏やかな表情の羊や、ほほ笑んでいるように見える豚―。写真家の瀧見明花里さん(30)=札幌市=は2017年から牛や豚、羊、鶏などの家畜を撮影している。これまでに訪れた牧場は100カ所以上。「食べ物の背景にある命を伝えたい」とファインダーごしに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録