新たに3参詣道の調査着手 十和田古道、年度内に報告へ

七滝を訪れる齊藤利男名誉教授(右)=写真上=と、堀道状になっている古道を調べる一行
七滝を訪れる齊藤利男名誉教授(右)=写真上=と、堀道状になっている古道を調べる一行
山岳霊山・十和田湖に至るかつての古道の復活を目指す、地元団体と弘前大の齊藤利男名誉教授(中世史)は本年度、十和田御堂(現十和田神社)に至る五つの参詣道のうち、新たに三戸道、七戸道、藤原道の調査に着手している。それぞれの古道の残存状態や周辺の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録