【貨物船座礁】漁再開、なお不透明 漁業者「事態収束ほど遠い」

試験的に再開された八戸市南浜漁協の定置網漁の水揚げ=8月末、市第2魚市場
試験的に再開された八戸市南浜漁協の定置網漁の水揚げ=8月末、市第2魚市場
八戸港沖で貨物船が座礁し、大量の油が流出した事故は、沖合にほぼ沈んだ状態の船尾部分から油膜の流出が続き、船体撤去のめども立っていない。地元の漁業者は収入の柱となるサケの定置網漁解禁の9月に入っても準備にすら着手できない状況。なりわいを断たれ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録