【自民総裁選】「異端児」に期待と警戒 河野氏、持論撤回も効果未知数

 河野氏への自民党内の期待と警戒
 河野氏への自民党内の期待と警戒
知名度抜群の河野太郎行政改革担当相が自民党総裁選に名乗りを上げた。衆院選に不安を持つ中堅・若手の期待が後ろ盾。ただ過激な言動で「異端児」と呼ばれた河野氏への拒否感はベテランを中心に根強く、持論の女系天皇容認を事実上撤回。反発を抑えるのが狙い.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録