【新型コロナ】「仕事は無理」親悲鳴 保育所の原則開所、現場は疑問

 昼食時にパーティションで区切られた保育所のテーブル
 昼食時にパーティションで区切られた保育所のテーブル
新型コロナウイルス感染者が出て休園する保育所が相次いでいる。子どもを預けられなくなった親から「仕事は無理だ」と悲鳴が上がる。国は、こうした親の事情に配慮し、感染防止策の強化や、休園せず子どもを預かり続けるための指針策定に乗り出した。ただ子ど.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録