障害児手当、支給に地域差 対象者数、5倍の違い

 都道府県と政令市の特別児童扶養手当の対象児童数と申請件数
 都道府県と政令市の特別児童扶養手当の対象児童数と申請件数
20歳未満の障害児がいる保護者に支給される国の「特別児童扶養手当」を巡り、判定事務を担う都道府県や政令指定都市の間で人口当たりの支給対象児童数に最大で5倍の差があることが6日、分かった。受給できる障害の程度に関する説明が自治体によって異なっ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録