【解説】コロナ失政で行き詰まり/菅首相退陣へ

【解説】菅義偉首相が退陣に追い込まれたのは、新型コロナウイルス対策を「最優先課題」に掲げながら感染急拡大や病床逼迫ひっぱくを防げなかったからだ。経済回復に軸足を置くあまり、感染リスクへの見通しの甘さを露呈した「コロナ失政」を繰り返した。首相.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録