【次期衆院選】総裁選「菅降ろし」の影 コロナで参戦ためらいも

 自民党総裁選を巡る3氏の事情
 自民党総裁選を巡る3氏の事情
菅義偉首相が地元・横浜市長選で全力支援した小此木八郎前国家公安委員長の惨敗を受け、自民党内で「菅降ろし」の影がちらつき始めた。目前の衆院選を戦う「選挙の顔」を不安に思う議員心理が根底にある。だが新型コロナウイルスが猛威を振るうさなかの政権運.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録