「禁断の酒」、香るジン 老舗焼酎蔵、洋酒に挑戦

 水を注ぐと乳白色に変わる「アブサン・クスシキ」
 水を注ぐと乳白色に変わる「アブサン・クスシキ」
焼酎の本場九州で、老舗の蔵元が地元産の食材をふんだんに使った洋酒造りに取り組んでいる。焼酎の伝統を重んじながら「禁断の酒」とも呼ばれる薬草酒アブサンや、香り豊かなクラフトジンを生み出す。酒の純度を高める蒸留器や素材にこだわり、新しい酒造りに.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録