【貨物船座礁】油影響、調査求める声相次ぐ/三沢市議会

三沢市議会産業建設常任委員会は23日、市役所で会議を開いた。八戸港沖で座礁した貨物船から重油が流出し、市沿岸部に漂着した問題を巡り、出席した委員や市漁協の関係者からは、漁獲物や海洋環境への影響を調べる必要性を訴える意見が相次いだ。 会議では.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録