地域の文化紡ぎ48年、画廊喫茶「方舟」閉店/八戸

最後の営業日に「サイフォン」でコーヒーをいれる竹岸紀子さん。すっきりした味は多くの常連客に親しまれた
最後の営業日に「サイフォン」でコーヒーをいれる竹岸紀子さん。すっきりした味は多くの常連客に親しまれた
八戸市の画廊喫茶の先駆けで、多くの文化人に憩いの場として愛された鳥屋部町の喫茶店「方舟(はこぶね)」が12日、48年間にわたる歴史に静かに幕を下ろした。近年は常連客の高齢化に加え、新型コロナウイルスの影響も重なり、来店者が伸びない状況だった.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録