「コロナ終息を」わら人形に願い/二戸市山内地区

わら人形を担ぎ、一列で練り歩く住民
わら人形を担ぎ、一列で練り歩く住民
二戸市浄法寺町の山内地区で16日、お盆の伝統行事「人形まつり」が行われた。住民が男女を模した2体のわら人形を作り、地区内を練り歩いて疫病退散や五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願した。 市内では毎年この時期、一部地域で人形まつりが催される。ただ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録