【貨物船座礁】油の漂着、複数地区で確認 漁業被害の懸念広がる/三沢

油が到達した三沢市織笠地区の海岸で汚れた木片などを拾い集める作業員=13日
油が到達した三沢市織笠地区の海岸で汚れた木片などを拾い集める作業員=13日
八戸港沖で座礁し航行不能になったパナマ船籍貨物船から海に燃料油が流出した問題で、油や積み荷などの海岸への漂着が認められた三沢市では13日、漂着が複数地区に拡大しているのが確認された。油処理を担当する海上災害防止センター(横浜市)は同日、三沢.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録