【東京パラ聖火リレー】コロナ翻弄、存在感に懸念 苦渋の対応、動画で送信も

 福島県のサッカー施設Jヴィレッジで行われた、東京パラリンピック聖火の採火式=12日午後
 福島県のサッカー施設Jヴィレッジで行われた、東京パラリンピック聖火の採火式=12日午後
東京パラリンピックの開幕に向け、全国各地で聖火の採火が始まった。パラの聖火は「大会を応援する熱意」の象徴とされるが、新型コロナウイルス禍に翻弄ほんろうされ、関連行事の縮小やプログラムの変更が次々発生。炎をつなぐため、各地で苦渋の対応を迫られ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録