【東京のコロナ急拡大】入院率1桁、瀬戸際の医療 自宅待機が多数、逼迫鮮明

 東京都内の新型コロナウイルスの療養者数と入院率
 東京都内の新型コロナウイルスの療養者数と入院率
新型コロナウイルス「第5波」の拡大が続く東京都で、療養が必要な感染者に占める入院患者の割合を示す「入院率」が過去最低の1桁に低下し、医療の逼迫(ひっぱく)が鮮明になっている。専門家は入院が必要でも自宅待機を余儀なくされる事例が多数出ていると.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録