【菅政権の携帯値下げ】次の照準は通話料金 選挙前に家計負担減アピール

 携帯電話市場を巡る取り組みと今後の論点
 携帯電話市場を巡る取り組みと今後の論点
菅政権が一段の携帯電話料金引き下げに意欲を示している。照準を定めるのは高止まりする音声通話料金と、他社乗り換えの障害となる契約慣行だ。家計負担の軽減に直結する携帯値下げは選挙で格好のアピール材料となる。民間介入への懸念をよそに「官製値下げ」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録