【待機違反者の氏名公表】コロナ拡大防止の「奥の手」 プライバシーとの両立は?

 位置情報確認アプリのインストール方法などをスタッフから説明される入国者たち=4月、成田空港
 位置情報確認アプリのインストール方法などをスタッフから説明される入国者たち=4月、成田空港
新型コロナウイルスの水際対策で、入国後14日間の待機中に所在不明となった日本人の氏名を政府が初めて公表した。変異株流行に伴い、誓約書を用いた要請を1月に始めた際「違反者の氏名公表もあり得る」としていた。感染拡大防止へ「奥の手」を使った形だが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録