【陸上】勝負に出た結果の悲劇 男子リレー、屈辱晴らせず

 男子400メートルリレー決勝 バトンパスを失敗する第1走者の多田修平(右)と第2走者の山県亮太=国立競技場
 男子400メートルリレー決勝 バトンパスを失敗する第1走者の多田修平(右)と第2走者の山県亮太=国立競技場
第1走者の多田の飛び出しは鋭かった。予選よりも早く走りだした山県は手を上げる。しかし、バトンをつかめない。距離が詰まらず、受け渡し区間を越えると、2人は天を仰いで脚を止めた。 武器のはずのバトンパスにまさかのミスが出て、陸上男子400メート.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録