【サッカー男子】立ち上がりから受け身 20分余りでしぼんだ期待

 日本―メキシコ 後半、ゴールを決める三笘(右)=埼玉スタジアム
 日本―メキシコ 後半、ゴールを決める三笘(右)=埼玉スタジアム
「最強世代」と呼ばれたサッカー男子の日本は、看板倒れの寂しい結末で終わった。ピッチに突っ伏して号泣した久保建は「気の緩みがあったのかもしれない。ゲームの重みが自分たちに理解できなかったのかな」と反省したが、後の祭りだ。約半世紀ぶりのメダルへ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録