水産物単価1~3割減 コロナで需要低迷続く/青森県

青森県は3日、新型コロナウイルスの影響で、ホタテガイを除く多くの県産水産物の平均単価が今年も低迷していることを明らかにした。具体的な金額は示していないが、6月時点でナマコ、サクラマス、ヒラメなどがコロナ禍以前の2019年同期と比べて1~3割.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録