【アーチェリー】「頑張った」「誇らしい」 「銅」古川の両親、恩師も喜び

アーチェリー男子個人で青森市出身の古川高晴(36)=青森東高出、近大職=が今大会二つ目のメダルを獲得した31日、テレビの前で熱戦の行方を見守った両親や恩師らは「よく頑張った」「誇らしい」と我が子、教え子の活躍をたたえた。 「苦しい試合の連続.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録