【八戸三社大祭】2年連続、規模縮小で開幕 山車組、企画で奮闘

2年連続で規模縮小となった八戸三社大祭。各山車組がお囃子の披露などを企画して祭りの魅力を伝えた=31日、八戸市
2年連続で規模縮小となった八戸三社大祭。各山車組がお囃子の披露などを企画して祭りの魅力を伝えた=31日、八戸市
31日に開幕した八戸三社大祭は、例年なら同日が前夜祭。全27山車組が制作した豪華絢爛(けんらん)な山車が八戸市中心街を彩るが、新型コロナウイルス禍で2年連続の規模縮小となり、街は寂しげな雰囲気が漂った。そんな中でも、各山車組は「祭りの灯は消.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録