【高校野球青森大会】八学野西、3回の猛攻で主導権握る

【八学野西―弘前】3回無死満塁、八学野西は川原登湖が右中間に適時二塁打を放ち、4-0とする=ダイシン
【八学野西―弘前】3回無死満塁、八学野西は川原登湖が右中間に適時二塁打を放ち、4-0とする=ダイシン
八学野西は三回に打線が爆発。打者11人、長短合わせ7安打で6得点と畳み掛け、主導権を握った。この回適時二塁打を放つなど2安打3打点と活躍した川原登瑚は「全員がつなぐ意識で臨み、ボールも見極められていた。初戦からいい形で打てて、次戦に向けて自.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録