【高校野球青森大会】八戸、8回に主戦負傷で暗転

【八戸―木造】4回八戸2死二塁、髙屋敷透弥が中越えに適時二塁打を放ち、6-1とする=ダイシン
【八戸―木造】4回八戸2死二塁、髙屋敷透弥が中越えに適時二塁打を放ち、6-1とする=ダイシン
八回表を終えて5点のリード。八戸がつかみかけた勝利が、その裏にこぼれ落ちた。7回3失点と粘投していた主戦壬生健太朗が脚をつるアクシデントで制球が乱れて降板。後を託された救援陣は制球が定まらず、失点を重ねた。楽勝ムードが暗転した。 中盤までは.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録