【高校野球青森大会】三沢、勝負所であと一本出ず

【三沢―弘前実】3回三沢2死、下田拳士が左越えに同点のソロ本塁打を放ち、拳を突き上げる=はるか夢
【三沢―弘前実】3回三沢2死、下田拳士が左越えに同点のソロ本塁打を放ち、拳を突き上げる=はるか夢
三沢は昨夏4強の前に初戦で散った。再三得点圏に走者を進め、七回には1死満塁の絶好機をつかんだ、勝負所での一本が出なかった。主将の越沢颯馬は「弘実を破って甲子園に行くという気持ちで臨んだが、あと一歩足りなかった。悔しい」と唇をかんだ。 二回に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録