【高校野球青森大会】十和田工、投打かみ合い夏1勝

【十和田工―三本木】持ち前の制球力を武器に7回1安打で零封した十和田工の馬場勇好=六戸メイプル
【十和田工―三本木】持ち前の制球力を武器に7回1安打で零封した十和田工の馬場勇好=六戸メイプル
昨夏の代替大会まで、3年連続初戦敗退の十和田工。「先輩たちの分まで1勝を目指す」。士気高く先発マウンドに上がった主戦馬場勇好は相手打線を7回1安打に封じ、打線は13安打9得点。投打がかみ合い、同地区のライバルを圧倒した。 勝利への“渇望”を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録