脳卒中と向き合う患者らの「交流の場」 八戸に団体「One Feels」設立

八戸市で設立された「One Feels」。脳卒中のリハビリに取り組む当事者らがざっくばらんに悩みなどを語り合い、交流する=6月12日、八戸市
八戸市で設立された「One Feels」。脳卒中のリハビリに取り組む当事者らがざっくばらんに悩みなどを語り合い、交流する=6月12日、八戸市
後遺症の悩みを1人で抱え込まないで―。脳卒中のリハビリに取り組む患者や家族、作業療法士らでつくる団体「One Feels」が本年度、八戸市で設立された。脳卒中に特化した患者の「交流の場」は、これまで青森県内にほとんどなく、個別に病気と向き合.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録