五輪日本選手団が結団式 山県主将「自覚と責任」と決意

 東京五輪の日本選手団の壮行会で決意表明する主将の山県亮太(中央)。左は副主将の石川佳純、右は旗手の須崎優衣=6日午後、東京都新宿区(代表撮影)
 東京五輪の日本選手団の壮行会で決意表明する主将の山県亮太(中央)。左は副主将の石川佳純、右は旗手の須崎優衣=6日午後、東京都新宿区(代表撮影)
新型コロナウイルス禍が続く中、23日に開幕する東京五輪の日本選手団の結団式が6日、東京都内で行われ、2018年ジャカルタ・アジア大会に続いて主将を務める陸上男子短距離の山県亮太(29)=セイコー=が「代表選手に選ばれたことに誇りを持ち、自覚.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録