双子パンダで300億円超? 経済効果試算、地元・上野も活発化

 人形メーカー「久月」が販売する、親パンダが子パンダ2頭を抱いた縫いぐるみ
 人形メーカー「久月」が販売する、親パンダが子パンダ2頭を抱いた縫いぐるみ
東京・上野動物園でジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが誕生したことを受け、関西大の宮本勝浩名誉教授(理論経済学)は、双子パンダが一般公開された場合、その後の1年で300億円超の経済効果があると試算した。地元商店では、既に新商品の販売やセール.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録