【米アルツハイマー病新薬】有効性、価格設定課題 患者団体、市場は歓迎

 アルツハイマー病の発症のイメージ
 アルツハイマー病の発症のイメージ
根本治療に向けた第一歩と評されるアルツハイマー病新薬「アデュカヌマブ」。臨床試験(治験)で病気の悪化抑制に対する明らかな有効性が確認されなかったにもかかわらず、脳内の有害なタンパク質を除去する効果があったとして、米食品医薬品局(FDA)は承.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録