天鐘(6月3日)

「書きおくも〈形見〉になれや筆の跡 我はいづ〈くの土となる〈らん〉」。八戸市是川の国重要文化財「清水寺(せいすいじ)観音堂」に保管されていた板木に残された文言は、400年以上前の「らくがき」だったという▼墨書きされた文言の〈〉部分は判読困難.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録