時評(6月3日)

雲仙・普賢岳の大火砕流から30年となる。取材していた多くの報道関係者が犠牲になり、今年、取材拠点にしていた地点が被災遺構として整備され「記憶の風化を防ぐため」と書かれた石碑が設置された。日本は火山活動が活発な列島であり、教訓を真摯(しんし).....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録