被災地での経験、子どもたちのために 大村さん(新郷出身)、南部町内で学習支援

「学びどき」で子どもたちとふれ合う大村素子さん(左)。被災地での経験を生かし、新たな活動に挑戦している=4月下旬、南部町
「学びどき」で子どもたちとふれ合う大村素子さん(左)。被災地での経験を生かし、新たな活動に挑戦している=4月下旬、南部町
新郷村出身の大村素子さん(31)は東日本大震災後に岩手県大船渡市の災害ラジオの放送局やまちづくり会社で勤務し、昨年、祖母の家がある田子町に“Uターン”した。今春からは南部町内で子どもたちが地域住民との交流や独自プログラムを体験する活動に参加.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録